Ubuntu版Misskeyインストール方法詳説

その他のMisskeyインストール方法

シェルスクリプトのお知らせ

シェルスクリプトでの開発環境へのインストールは想定されていません。

コピペばかりでつまらない!時間がかかる!とにかく面倒!
……あれ、コピペだけでできるなら、完全自動化できるのでは?

というわけで、シェルスクリプトでほぼ全部やってくれるやつを作ってみました!
詳細と使用方法はこちらから!

ドメインの購入とCloudflareのセットアップ、サーバーの確保についてはご自身でご準備ください。

不具合があれば@[email protected]へのメンションopen in new windowにてお知らせいただければと思います。

この記事について

この記事では、Misskey構築の手引き (manual.html)で紹介されている通り、systemdでMisskeyを動作させています。

docker-composeopen in new windowなら、手作業でももうちょっと簡単に実行できるはずです。

MisskeyだけをDockerで動作させる方法は解説を断念しました。
シェルスクリプトはMisskeyだけをDockerで動作させることができるようになります。

はじめに

この記事では、Misskey構築の手引き (manual.html)を基に、一般的なUbuntuサーバーへMisskeyをインストールし公開する方法の一挙手一投足を解説する。

Bashのコマンド入力、いくつかの設定ファイルの編集、そしてブラウザの操作だけで設定が完了するようにしている。インストールするソフトウェアについて簡単に説明しているが、気にする必要はない。

大まかな流れは上の目次をクリックし展開することで確認できる。

この記事では、具体性を重視し、特定の環境に特化した記述をしている。

OSの違い、Misskey本体や依存するソフトウェアのバージョンアップで変わってしまった部分等があるかもしれないが、ご容赦いただきたく思う。

わからない単語については、『「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典』open in new window で調べて分かった気になってほしい。

環境と条件

  • OSはUbuntu 22.04.1 LTSを利用する。
  • ハードウェア要件としては、CPUは最近のものなら最小限で動く。アーキテクチャはamd64及びarm64を想定している。
  • メモリは1.5GB程度あればよい。(Viteの導入等により、1.5GB程度でもビルド可能になった)
  • 独自のドメインを購入し、CloudFlareを使用する。
  • ドメインはGoogle Domainsopen in new windowなどで予め用意しておくこと。
  • ここではドメインをexample.tldとして解説を進めるので、自分が買ったドメインに適宜置き換えて読むこと。開発環境の場合はlocalhostと読み替えます(設定ファイルの項で別途説明)

nanoの使い方

今回はテキストエディターにnanoを使う。次のように起動する。

nano /path/to/file

一般的な矢印ボタンやHome/Endなどを利用してカーソルを移動できる。

終了はCtrl+Xで、変更を保存するか聞かれた場合Y(Yes)を入力しEnterすると保存できる。

下部にコマンド一覧が表示されるので、^をCtrl、M-をAltと読み替えて参考にしよう。

ユーザーの作成

Misskeyはrootで実行しない方がよいため、専用のユーザーを作成する。

sudo adduser --disabled-password --disabled-login misskey

開発環境の場合はユーザーを分ける必要はありません

基本的なソフトウェアのインストールと設定

基本的なソフトウェアのインストールを行う。

Node.js

Node.jsは、サーバーサイドJavaScript環境であり、Misskeyの基本的な実行環境である。

sudo apt install -y curl

curl -sL https://deb.nodesource.com/setup_18.x | sudo -E bash -

sudo apt install -y nodejs

# Node.jsがインストールされたので、バージョンを確認する。
node -v

v18.x.xなどと表示されればOK。v8.x.xのように低いバージョンが表示された場合は、正しくインストールが行えていないため、サーバーを再起動してもう一度インストールし直すなどしてみよう。

PostgreSQL

PostgreSQLは、オブジェクト関係データベース管理システムであり、Misskeyの種々のデータを保存するために必要不可欠なソフトだ。

インストール

シェルスクリプトを実行し、最新バージョン(v15)をインストールしよう。

sudo apt install -y postgresql-common

sudo sh /usr/share/postgresql-common/pgdg/apt.postgresql.org.sh -i -v 15;

# systemctlでデーモンの状態を確認。
systemctl status postgresql

activeならOK。

ユーザーとデータベースの作成

psqlを起動。

sudo -u postgres psql

Misskeyで使うユーザーを作成する。
ユーザー名をmisskey、パスワードをhogeとする場合は次のようになる。
(LinuxのユーザーとPostgreSQLのユーザーは別物なので、混同しないよう注意すること。)

CREATE ROLE misskey LOGIN CREATEDB PASSWORD 'hoge';

データベースを作成。データベース名をmk1としている。

CREATE DATABASE mk1 OWNER misskey;
¥q

Redis

Redisは、NoSQLのインメモリデータベースソフトであり、データベースや連合との通信を管理するなどのために必要だ。
redis.ioのドキュメントに従いインストールする。 https://redis.io/docs/getting-started/installation/install-redis-on-linux/

sudo apt install -y curl ca-certificates gnupg2 lsb-release
	
curl -fsSL https://packages.redis.io/gpg | sudo gpg --dearmor -o /usr/share/keyrings/redis-archive-keyring.gpg

echo "deb [signed-by=/usr/share/keyrings/redis-archive-keyring.gpg] https://packages.redis.io/deb $(lsb_release -cs) main" | sudo tee /etc/apt/sources.list.d/redis.list

sudo apt update

sudo apt install -y redis

systemctlでデーモンの状態を確認。

systemctl status redis-server

activeならOK。

nginx

nginxは、主としてリバースプロキシに用いられるWebサーバーソフトである。Misskeyには必須ではないが、キャッシュ等をするとパフォーマンスが向上したり、httpからhttpsへの転送などをするために、インストールしておこう。

開発環境の場合はnginxのセットアップは不要です

nginx.orgのドキュメント http://nginx.org/en/linux_packages.html#Ubuntu に従ってインストールする。

sudo apt install ubuntu-keyring

curl https://nginx.org/keys/nginx_signing.key | gpg --dearmor | sudo tee /usr/share/keyrings/nginx-archive-keyring.gpg >/dev/null

gpg --dry-run --quiet --no-keyring --import --import-options import-show /usr/share/keyrings/nginx-archive-keyring.gpg

このとき出力に 573BFD6B3D8FBC641079A6ABABF5BD827BD9BF62 とあるか確認する。

echo "deb [signed-by=/usr/share/keyrings/nginx-archive-keyring.gpg] http://nginx.org/packages/ubuntu `lsb_release -cs` nginx" | sudo tee /etc/apt/sources.list.d/nginx.list

echo -e "Package: *\nPin: origin nginx.org\nPin: release o=nginx\nPin-Priority: 900\n" | sudo tee /etc/apt/preferences.d/99nginx

sudo apt update

sudo apt install -y nginx

systemctlでデーモンの状態を確認。

systemctl status nginx

activeならOK。そうでなければ、次のコマンドを実行。

sudo systemctl start nginx

sudo systemctl enable nginx

http://localhostopen in new window にアクセスし、*Welcome to nginx!*と表示されればOK。
curlで確認するのもよいだろう。

curl http://localhost

その他

Git(バージョン管理ソフト)およびbuild-essential(Misskeyのビルド時に必要)をインストールする。

sudo apt update

sudo apt install -y git build-essential

追加の設定とインストール

サーバーをインターネットに公開する準備をする。

開発環境の場合はファイヤーウォールやCloudFlare、Certbotの設定は不要です

ファイヤーウォール

今回は、ファイヤーウォールとしてufwを使用する。

次では、接続許可をホワイトリスト形式とし、22番SSHポートを接続回数制限を設けながら開放、80番HTTPポート及び443番HTTPSポートを開放とした。

sudo ufw enable

sudo ufw default deny

sudo ufw limit 22

sudo ufw allow 80

sudo ufw allow 443

ufwのステータスを確認しておく。

sudo ufw status

systemctlで永続化する。

sudo systemctl enable ufw

ufwは、netfilter(iptables)を人間が操作しやすいようにするアプリだ。インストールスクリプトは、OCI環境ではnetfilterを直接操作する。

CloudFlare

CloudFlareは、自分のドメインに対してDNSサーバー・リバースプロキシ・CDNをいっぺんに提供してくれるたいへん便利なサービスである。
CloudFlareを経由せずにサーバーを公開することも可能だが、たいへん便利なので導入することをお勧めする。 → CDNの設定

CloudFlareにサインアップopen in new window し、購入したドメインを案内に従って登録する。

DNSの登録画面でサーバーのIPアドレスを入力しておくとよい。

ドメインを購入した所によっては適用に3日程度かかる場合がある。

Certbot (Let’s Encrypt) の設定

HTTPS・WSS通信に使用する証明書をCloudFlareを使う方式でLet’s Encryptから取得する。

certbotとCloudFlareプラグインをインストール

sudo apt install -y certbot python3-certbot-dns-cloudflare

CloudflareのAPIキーを取得する。以下の手順で取得されたい。

  1. https://dash.cloudflare.com/profile/api-tokensopen in new window にアクセス
  2. Global API KeyのViewを選択
  3. パスワードを入力しhCaptchaを解除、Viewを選択

CloudFlareの情報を記載した設定ファイル/etc/cloudflare/cloudflare.iniを作成する。

mkdir /etc/cloudflare
nano /etc/cloudflare/cloudflare.ini

dns_cloudflare_email(下の例では[email protected])にはCloudFlareで登録しているメールアドレスを設定する。

dns_cloudflare_email = [email protected]
dns_cloudflare_api_key = xxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxx

これを保存し、パーミッションを600に設定。

sudo chmod 600 /etc/cloudflare/cloudflare.ini

準備ができたのでコマンドを実行する。途中の2箇所のexample.tldは自分のものに置き換えること

sudo certbot certonly --dns-cloudflare --dns-cloudflare-credentials /etc/cloudflare/cloudflare.ini --dns-cloudflare-propagation-seconds 60 --server https://acme-v02.api.letsencrypt.org/directory -d example.tld -d *.example.tld

*Congratulations!*と表示されたらOK。生成された.pemファイルのパスは今後使うので記録しておくこと。

自動更新の設定はインストールと同時に行われているため不要。

Misskeyのインストール

これで前準備はあらかた終わったので、Misskeyを準備していく。

misskeyユーザーに変更。

sudo su - misskey

Gitでファイル類を展開。

git clone -b master https://github.com/misskey-dev/misskey.git

cd misskey

git checkout master

必要なnpmパッケージをインストール。

npx yarn install

Misskeyを設定する

default.yml

設定ファイル.config/default.ymlを作成。

nano .config/default.yml

次の内容を貼り付け、適宜置き換える。設定値の変更が必要な箇所は●で、これまでの流れの中で設定した値を用いる箇所は〇で示した。

この設定ファイルはYAML形式で書かれており、行頭のスペースの数などを間違えるとMisskeyが動かないので、特に注意すること。

設定できる値と記述方法は.config/example.ymlopen in new windowに書かれている。

開発環境の場合、urlはurl: http://localhost:3000と指定します。

# ● Misskeyを公開するURL
url: https://example.tld/

#   ポートを3000とする。
port: 3000

# ● PostgreSQLの設定。
db:
  host: localhost
  port: 5432
  db  : mk1 # 〇 PostgreSQLのデータベース名
  user: misskey # 〇 PostgreSQLのユーザー名
  pass: hoge # ● PostgreSQLのパスワード

#   Redisの設定。
redis:
  host: localhost
  port: 6379

#   IDタイプの設定。
id: 'aid'

#   syslog
syslog:
  host: localhost
  port: 514

指定できたら保存する。

nginxの設定

nginxの設定を行う。

ルート権限で行う。

exit

/etc/nginx/conf.d/misskey.confを作成する。

sudo nano /etc/nginx/conf.d/misskey.conf

Misskey Hubopen in new windowの設定例をnanoへコピー&ペーストし、次の部分を自分のものに書き換える。

  • 18行目と30行目のドメイン名
  • 34-35行目の証明書へのパスをCertbotで取得したものに (基本的にexample.tldを置き換えるだけでOK)
  • 56行目 (If it's behind another reverse proxy or CDN, remove the following.) から4行を削除

変更を保存する。

設定ファイルがきちんと機能するか確認。

sudo nginx -t

OKならば、nginxデーモンを再起動。

sudo systemctl restart nginx

ステータスを確認。

sudo systemctl status nginx

activeであればOK。

Misskeyのビルド

misskeyユーザーにログインし直す。

sudo su - misskey

ビルドをする。yes we can…

cd misskey
NODE_ENV=production npm run build

開発環境の場合、NODE_ENV=productionは不要です。以降のコマンドでも同様に削除してください。

サーバーでビルドできない場合

RAMの不足が考えられる。

Misskeyのビルドやデータベースのマイグレーション(初期化を含む)には、RAMが2GB以上必要になっている。
RAMが足りない場合、以下のような解決策が考えられる。

  • サーバーにスワップを追加する
  • ローカルでビルドしたもの(builtディレクトリ)をsftpで転送する

データベースの初期化

npm run init

Misskeyを起動する

NODE_ENV=production npx yarn start

Now listening on port 3000 on http://example.tldopen in new window と表示されたら、設定したURLにアクセスする。

Misskeyのウェルカムページが表示されるはずだ。

アカウントの作成、ノートの作成やファイルのアップロードといった一通りの操作が正しく行えるか確認しよう。

アクセスできない場合

CloudFlareのDNSを確認する

CloudFlareのDNS設定が正しいIPアドレスになっているかもう一度確認しよう。

ルーターの設定を確認する

自宅サーバーの場合、ルーターがサーバーと外部との80ポート・443ポートの通信を許可する設定になっているかどうか確認しよう。

クラウドの場合でも、ネットワーク設定でポート開放が必要な場合が多い。

Misskeyのデーモンを作成

開発環境の場合、デーモンの作成は不要です。

いったんCtrl+Cでプロセスをキルし、Misskeyをデーモンで起動する設定をしよう。

ルート権限で行う。

exit

/etc/systemd/system/misskey.serviceを作成する。

sudo nano /etc/systemd/system/misskey.service

次の内容を貼り付け、保存する。

[Unit]
Description=Misskey daemon

[Service]
Type=simple
User=misskey
ExecStart=/usr/bin/npm start
WorkingDirectory=/home/misskey/misskey
Environment="NODE_ENV=production"
TimeoutSec=60
StandardOutput=syslog
StandardError=syslog
SyslogIdentifier=misskey
Restart=always

[Install]
WantedBy=multi-user.target

systemdを設定し、misskeyデーモンを開始。

sudo systemctl daemon-reload

sudo systemctl enable misskey

sudo systemctl start misskey

systemctlでデーモンの状態を確認。起動に少し時間がかかるため、15秒程度待ってからのほうが良い。

sudo systemctl status misskey

activeならOK。

これでMisskeyのインストールはほぼ完了だ。

Misskeyサーバーに自分のアカウントを登録・ログインし、設定を続けよう。

Misskeyの設定を続ける

Misskeyのアップデート

アップデートについてもシェルスクリプトがあります。
https://github.com/joinmisskey/bash-install/blob/main/update.systemd.shopen in new window

手作業でやる場合は次の通りです。
→ manual.html#Misskeyのアップデート方法 (yarnはnpx yarnに読み替えます)open in new window

作業中はMisskeyを使うことができません。

sudo systemctl stop misskey

su - misskey

git pull;
npx yarn install;
npm run clean;
NODE_ENV=production npm run build;
npm run migrate;

exit

Case 1: apt upgradeをする場合

sudo apt update -y
sudo apt full-upgrade -y
sudo reboot

再起動後はMisskeyは自動で起動します。

Case 2: そのまま起動

sudo systemctl start misskey