テーマ

テーマを設定して、Misskeyクライアントの見た目を変更できます。

テーマの設定

設定 > テーマ

テーマを作成する

テーマコードはJSON5で記述されたテーマオブジェクトです。 テーマは以下のようなオブジェクトです。

{
	id: '17587283-dd92-4a2c-a22c-be0637c9e22a',

	name: 'Danboard',
	author: 'syuilo',

	base: 'light',

	props: {
		accent: 'rgb(218, 141, 49)',
		bg: 'rgb(218, 212, 190)',
		fg: 'rgb(115, 108, 92)',
		panel: 'rgb(236, 232, 220)',
		renote: 'rgb(100, 152, 106)',
		link: 'rgb(100, 152, 106)',
		mention: '@accent',
		hashtag: 'rgb(100, 152, 106)',
		header: 'rgba(239, 227, 213, 0.75)',
		navBg: 'rgb(216, 206, 182)',
		inputBorder: 'rgba(0, 0, 0, 0.1)',
	},
}

  • id ... テーマの一意なID。UUIDをおすすめします。
  • name ... テーマ名
  • author ... テーマの作者
  • desc ... テーマの説明(オプション)
  • base ... 明るいテーマか、暗いテーマか
    • lightにすると明るいテーマになり、darkにすると暗いテーマになります。
    • テーマはここで設定されたベーステーマを継承します。
  • props ... テーマのスタイル定義。これから説明します。

テーマのスタイル定義

props下にはテーマのスタイルを定義します。 キーがCSSの変数名になり、バリューで中身を指定します。 なお、このpropsオブジェクトはベーステーマから継承されます。 ベーステーマは、このテーマのbaselightなら_light.json5で、darkなら_dark.json5です。 つまり、このテーマ内のpropspanelというキーが無くても、そこにはベーステーマのpanelがあると見なされます。

バリューで使える構文

  • 16進数で表された色
    • 例: #00ff00
  • rgb(r, g, b)形式で表された色
    • 例: rgb(0, 255, 0)
  • rgb(r, g, b, a)形式で表された透明度を含む色
    • 例: rgba(0, 255, 0, 0.5)
  • 他のキーの値の参照
    • @{キー名}と書くと他のキーの値の参照になります。{キー名}は参照したいキーの名前に置き換えます。
    • 例: @panel
  • 定数(後述)の参照
    • ${定数名}と書くと定数の参照になります。{定数名}は参照したい定数の名前に置き換えます。
    • 例: $main
  • 関数(後述)
    • :{関数名}<{引数}<{色}

定数

「CSS変数として出力はしたくないが、他のCSS変数の値として使いまわしたい」値があるときは、定数を使うと便利です。 キー名を$で始めると、そのキーはCSS変数として出力されません。

関数

wip